不思議のうさ太

かあちゃんは「うさ太はお月様に来てからとても幸せそうね」とうれしそうにいいました
「そりゃかあちゃんにあえたんだもん幸せいっぱいだよ それにゆう太ときにろ・・・家族も
増えたんだよ」「それに灰色さんたちに会えたのはうさ太にとってとてもよかったでしょ?」
「うんなんか気持ちが落ち着いた感じだね・・・このことはかあちゃんは知っていたんだね」
「ええ地球にいったとき魔女さんからうさ太の誕生について聞いたのよ」
かあちゃんとうさ太かあちゃんは二人にわかることを話していましたね
わたしは小さかったしきにろもなんのことやらわからなかったようでした
ただうさ太かあちゃんが灰色さんとなにか関係があるのはわかりました
時々きにろにほうきに乗せてもらって灰色さんのところに連れて行ってもらっていましたからね
それにうさ太かあちゃんはだんだん灰色さんぽくなっていきました
肌の色やちょっぴり魔法を使うことなど・・・もちろんきにろも魔法上手に使えるようになっていきましたよ
きにろも灰色さんと関係が深かったということですね

わたしは月の森幼稚園でみんなと遊び月のことを覚えていきました もちろんわたしは地球での暮らしは
短くてそんなにとまどうことなんてなかったのですが・・・
うさ太かあちゃんときにろは月での暮らしはとまどったのでは・・・でもどちらかというと
楽しんでいました
地球での暮らしが長かったけど人間さんとはそんなにかかわっていたわけではなかったのですから

おもちをついたり赤ちゃんもちをまぜたりそれはきにろにとって特に楽しかったようですね
ひとりぼっちだと思っていたらうさ太かあちゃんと兄弟だとわかりうれしかったのにもっと
たくさんの仲間ができたんですからね
そしてきにろはやがて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です