魔女のひとりごと・・・人間さんの話

私が生まれたのは・・・魔女さんがほうきに乗って空からやってきたころです

おやおや・・・わたしはびっくりしました
目の前にいるのは人間さんです そんなばかなことがあるのでしょうか
人間さんはにっこり笑うと話を続けました

母は私をひとりで育てていました
それはそれは貧しくてとうとう母は私に飲ませるお乳がでなくなってしまいました 母はもう食べるののがなくて
何日も食べていなかったのです「坊や・・・ごめんね」もう泣く力もなくぐったりしている私を抱き死に場所をさがしに
森の中へよろよろと歩いていったのですが力つき倒れてしまいました

気がつくと母は家の中のベットにいました
黒い服を着た人(?)が三人で私をあやしていました 「あ・の・・・」母はおそるおそる声をかけると
「おやおや気が付いたかい?」ひとりがそばにくると母をだきおこし「さあさあこれをお飲み」と白いミルクのような
飲み物をさしだしました 母はすすめられるままその飲み物を飲みました
あまりにおなかがすいていたため怖さもなかったのでしょう「ああ・・なんておいしいんでしょう」母はつぶやきました
「もっとお飲み」「坊やは?」「大丈夫だよ たっぷりシチューを飲んでごきげんさんだよ」
「これはシチューというのですね あたたかくておいしくて生き返りました」
魔女さんは貧しい母の話を聞き「それはそれはたいへんだったねぇ」「もうそんな心配はしないようにわたしたちが力を
かしてあげますよ」「こんなかわいい坊やがいるのだからがんばって生きてくださいよ」
そして魔女さんは何種類かの薬草を手渡し「これをおなべにいれお水をたっぷりそそぎコトコトにるといいですよ」
「坊やにはスープをママは薬草をしっかり食べなさい」「薬草はわたしが届けてあげるからね」

それからは母は元気になり私もすくすく育ちました
シチューはいつもたっぷりありました 魔女さんがいつも助けてくれたのです
魔女さんたちが助けてくれたのは私たちだけではなく村の人たちにも力をかしてくれたのです

しかし不思議な力を持つ魔女さんを恐れた領主は・・・魔女狩りをはじめたのです

人間さんの話・・・つづき

魔女狩りはひどいものでした
魔女と噂がたつだけでふつうの人まで火あぶりにされたり・・・
みんな怖がって家に閉じこもって変な噂が流れないようにと小さくなっていました
母を助けてくれた魔女さんのひとりもとうとうつかまってしまい火あぶりにされてしまったのです
母は泣きながら夜中にその場所まで出かけて行きました・・・骨を拾ってあげようと思ったのです
だけどそこには骨がありませんでした かわりに雪のように真っ白な灰が残っていました
「これが魔女さんの骨なんでしょうね」持っていった袋に白い灰をいれると袋の口をしっかりしばり
森の奥の魔女さんのところに届けてやろうと夜道を走りました(昼間は危険ですからね)
ああ・・・そこにはもう魔女さんの家はありませんでした もちろん魔女さんたちもいませんでした
「きっと無事に逃げたんでしょう ここはもう危険ですものね」
家にもどると母は袋の口をしっかり結び棚にのせました「魔女さんきっといつか会えますよね そのときにこれをお渡ししますからね」

それからの母はまた大変でした お手伝いの仕事もないので食料が手にはいらず木の実や野菜くずなどを食べ
魔女シチューの残りをわたしのためにのこしてくれたのです
しかしそれもやがて・・・うすめては増やしていたのですが・・・ただのお湯にんってしまいわたしのおなかは満たされず
また泣くちからもなくぐったりとしてしまいました
母ももう力なくわたしを見つめているだけでした
・・・カサkサ・・・部屋の中でなにか音がしました
・・・サラサラサラ・・・流れるような音になりました
母はきょろきょろとみまわして「あっ!!びっくりしてあわててかけよりました
あの魔女さんの灰を入れた袋の口がほどけ中から灰が流れ落ちていたからです
だけどかけよったときには間に合わず灰は流れ落ちてしまっていました
下を見てまたびっくり・・・お湯をいれたsチュー鍋の中に落ちていたのです
まるで魔女シチューのように白くてトロリとしていました
「魔女さん・・・これは・・・」母は手をあわせました そしてわたしに飲ませたのです
母は一滴も飲みませんでした 木の実や野菜くずを食べながらわたしだけに飲ませたのです
半分ほど飲んだ頃にはわたしはヨチヨチと歩きはじめました
残り少なくなったころにはしっかりとした足取りで母と森にまでいけるようになったのです
とても成長が早く母は「魔女さんの力でしょうね」と言いました
母と森の奥の魔女さんの家のあったところに行くとわたしは「ヤチョウ ヤチョウ」と草を取り
母の持っている籠にいれました「まあこれは魔女さんの野草だわ ぼうやにはみわけることができるのね」
それからは魔女シチューをつくることができましたが白いミルク味の魔女シチューにはなりませんでした
でもおなかを満たすには充分でした
母はやがて具合の悪い日が多くなりわたし一人で森に行くことが多くなりました
でもそのころにはわたしはしっかり歩くようになっていたし判断力もあり食べられる木の実や果物も
とってくることができるようになっていました
どんなに母に魔女シチューを飲ませても大好きな果物を食べさせてもどんどん弱っていきました
ベッドにねたきりになったある日母はわたしを枕元に呼びました
「ぼうや・・・おかあさんはもうお空にいかなくてはならないの・・・ごめんね」
「おかあさん そんなこと言わないで もっと薬草をとってくるから」
「ぼうや 人はいつか死ぬものなのよ おかあさんはあなたととても幸せにくらせてうれしかったわ」
「ひとりぼっちになっちゃうよ」
「そんなことはないわ あなたには魔女さんがついていてくれるのよ きっと守ってくれるからね」
そしてわたしが魔女さんの白い灰のおかげで生きることができたのだと教えてくれました
「なにか不思議なことが起きることもあるでしょうが恐れなくてもいいのよ」
母は旅立って行きました 幸せそうに微笑んで・・・
わたしは母を抱き上げました 枯れ枝のように細く軽い母でした
そして森の奥の母の大好きな魔女さんの家のあったところにお墓をつくりました
「おかあさん わたしは魔女さんを捜しに旅にでます・・・きっともどってきますからね・・・」
まわりにはえていた薬草がゾワゾワと母のお墓のまわりをかこみました「薬草さんお願いしますね」

家にもどると魔女さんの灰がはいっていた袋にお鍋と小さな器としゃもじを入れました
「さあ行こう」・・・(わたしがついていますよ)
心の中に声がしました

人間さんの話・・・さらにつづき

この旅がわたしの不思議な人生の始まりでした
世の中は領地争いで戦いばかりでした わたしはそれを避けながら旅をしていたのですが
ある日とうとう巻き込まれてしまったのです
飛んできた一本の矢がわたしの胸にささったのです するどい痛みが走りました
(森に逃げなさい)心の声に従って森を目指しヨロヨロと・・・そのうち痛みが消えたのでなんとか森にたどりつき
大きな木に隠れるように倒れこみました
赤い血がたくさん流れわたしはもう死ぬのかもしれないとおもいました 怖くはありませんでした
おかあさんのもとにいくんだろうと思ったからです
気が遠くなっていきました
・・・どのくらいの時間がたったのでしょう・・・わたしは気がつき目をあけました
でも最初は死んだんだとおもったのです「おかあさん」でも誰もいません
ただ空に丸い月がわたしを見つめるようにやわらかい光をおくっていました
「わたしは生きているの?」月にたずねてみましたが月はこたえません
ふと胸に手をやり「あれ?」矢がないばかりか傷さえないのに驚きました
起き上がるとそばに矢がバラバラになっておちていました そしてなんということか魔女シチューがコトコト
煮えていたのです(飲みなさい)
わたしは迷うことなく飲みました「おかあさんこれが不思議なことなんですね」
でも不思議なことはこれだけでなかったのです
元気がでたのでまた旅を続けようと森をでたのです
わたしはびっくりを通り越して・・・これはやっぱり死んだのでは・・・と思いました
目の前にひろがる世界はみたこともないものでした
綺麗な街並み 清潔な服を着た人々 おいしそうなものを売っているお店
戦いのために荒れた土地 ぼろを着た疲れ切った顔の人々 家も焼かれたり壊されたりしていたのに
わたしはみすぼらしいかっこうをしていたのでどうしようかと足を止めてしまいました
(大丈夫ですよ)心の声が聞こえました いつのまにかわたしの服は清潔なものに変わっていました
思い切って話しかけました「戦いは終わったのですか?」「なんの戦いですか?」
その言葉にこたえはわかりました
わたしはとても長い間眠っていたようです
これが不思議なことなのですね・・・もう一度わたしは思いました
不思議なことのはじまり・・・

人間さんの届け物

どんな不思議が起きたかは魔女さんにはわかるでしょうね
わたしがなぜ今も生きているか・・・そうです それは若返りを繰り返しているからです
わたしは年をとると森の奥に行き深い眠りにはいり目覚めると魔女シチューを飲みます
そして森を出るとそこは新しい世界になっているのです
おそらく何十年も眠っているのでしょう・・・
わたしはそうやって魔女さん探しをしているのはなぜか・・・母に言われたお礼を言うためもありますが
本当の理由はあるとき生きかえったときにおきたからだぼ変化です
なにか違和感を覚えてシャツをまくりおなかをみました
「?}なんとおなかに小さな袋ができていたのです もちろんひっぱってもとれません
そっと中を覗くと何か白い小さなものがはいっていましす
(これは命の種ですよ)心の声が聞こえました
(魔女に会ったらおなかの袋に入れてやってください)これは母とわたしを助けてくれた魔女さんの願いなら
なんとしても叶えなければ・・・そしてこの薬草畑を見つけてときこここそが魔女さんと出会える場所だと
確信したのです
ここを訪れていればきっと魔女さんに会えると・・・何度もきてみました
そして今目の前に魔女さんがいる・・・ああなんと長い日々だったでしょう この喜びはわたしだけでなく
わたしの中の魔女さんのものでもあるのです
さあ・・・魔女さんこの命の種を受け取ってください

そして・・・誰もいなくなったみたい

人間さんが差し出したものは確かに「命の種」でした
わたしのお腹のふくろの中にいれるとふくろの口はピタリとはりつきもうあくことはありませんでした
「赤ちゃんもちがこの中にできるのでしょうか?」「赤ちゃんができるのですよ」人間さんのことばに
「おやおや・・・」赤ちゃんができるとは思ってもいないことでしたね
それから人間さんと一緒に薬草畑ですごしました
薬草を食べたりシチューをつくって飲んだり・・・人間さんとのおしゃべりは楽しいものでした
お腹は徐々に大きくなってくる不安も人間さんは「なんの心配もないですよ」と励ましてくれたのです
仲間にも赤ちゃんができたことを知らせたのでみんなやってきて大きなおなかを見てびっくりしていました
丸いお月様をいくつか数えてある満月の夜のこと・・・「あれあれ」わたしは違和感を感じお腹を見たのです
ピタリと閉じていた袋の口が開き始めたのです
「赤ちゃんが生まれますよ」人間さんが言いました
袋の口がパクリと大きく開くとモゾモゾと動いたと思ったら顔が見えました
「まあまあ」「おやおや」「これはこれは」仲間たちも声をあげました
人間さんが手をのべて赤ちゃんを抱き上げました なんということか赤ちゃんは人間さんの姿をしていたのです
わたしの腕の中に赤ちゃんが・・・ああなんてかわいいのでしょう

仲間のひとりがかわいい服をだしました 赤ちゃんに着せるとみんな「ワァ~~~」と声をあげました
お月様では服を着るということはないんですけどね 灰色族が着ているのは服ではなく布です
「名前をつけましょう」人間さんが言いました
「ママがつけなくては」みんながわたしに言いました
わたしは迷うことなく「き・に・ろ」と言うと「それはいい名前です」みんながニコニコうなずきました

「きにろ」わたしがこの名前にこだわるのは・・・灰色族としてお月様で暮らしていたとき「きにろ」と呼ばれていたのです

ひとりごとが長くなってしまったね
はやく帰らなければあの子が泣いているよ 人間パパさんも困っているかもしれない
わたしのシチュー鍋を持って帰ろうと思っていたのだけれどこのままおいといたほうがよさそうだね
いつか役にたつかもしれないしね・・・・

魔女ママは帰って行きました
もう誰もいません
でも・・・いつか・・・

====魔女きにろのひとりごと====    おしまい