短いお話・・・ミカとルナ

「おにいちゃん、てるてる坊主できたよ」おにいちゃんのルナははミカのさしだした小さなてるてる坊主をうけとると、
窓辺につるしました。
「明日は雨だってい天気予報が言ってたからこれは効果がないかもしれないよ」
「大丈夫、魔女さんにも頼んでおくから明日はきっと晴れるわよ」ミカは自信たっぷりでした。

「ママ、おにいちゃん、わたし魔女さんとお話したの」ミカはうれしそうに言いました。
「魔女さんと?」ママはびっくりし、おにいちゃんは「本物?」と目を丸くして。

「魔女さんはおもしろい顔をしていたわ。黄色い肌にうさぎのような長い耳をしていて、顔も
とぼけたうさぎみたいなの。お話にでてくるようなおばあさん顔ではなかtったわ。話し方はおばあさんみたいだったけど
なんだかおにいちゃんくらいのこどもみたいだったの。でもそんなこと言ってはいけないと思ってだまっていたけどね。
なにをしているの?って聞いたらお空の掃除をしているんだって。お月様やお星さまがよく見えるようにって。」

だからミカは魔女さんが助けてくれるというのでした。
ルナはちょっと心配気にミカを見つめました。

ミカは生まれたときから病気のためベッドがミカの世界でした。外のことはテレビをみたりルナからの話でしか知らなかったのです。
遠足のこともおにいちゃんの話を聞くことをとても楽しみにしていたのです。
雨の音は相変わらずでした・・・・

カタコト・・・台所で音がしてうます。ミカは飛び起き窓の外を見ました。晴れてはいませんでしたが雨はあがり雲の色も
もう雨を感じさせませんでした。
「ミカ~遠足にいけるよ」ルナがうれしそうにやってきました。「雨もあがったし道もぬかるんでないって」
ミカもピョンピョン小さなからだでとびはねました。
「やっぱり魔女さんが力をかしてくれたんだね」ルナのことばにミカはうんうんろうなずきました。
「魔女さんありがとう」心のことばでミカはお礼を言いました。

ルナはリュックサックにお弁当やおやつのお菓子をいれ元気よくでかけていきました。
ママはミカにも同じお弁当とお菓子を用意してくれました。
「じゃあママはお仕事に行ってくるわね」「は~い、行ってらっしゃい~」
ママの乗った車の音が遠くになったいきました。
空はいくらか青い空が見えてきました。もう雨は大丈夫でしょう。

コトコト・・・窓辺で小さな音がしました。「?」ミカはなんだろうと見ました。長い耳とおとぼけ顔がそっとのぞきこんでいました。
「魔女さん」ミカは驚かせないように心の声をかけました。

ミカとルナ・・・つづき

「魔女さん誰もいないから入ってきませんか?」ミカが心に話しかけると窓が開いたわけでもないのに魔女が部屋の中に
いました。
「おやおや遠足には行かなかったのかい?」
「わたしは・・・病気だから外にはいけないのよ。でもおにいちゃんはうれしそうに遠足にいったわ」
魔女はミカを見つめ「そうかい」とうなづき「どこに行ったのかね」とききました。
「森が丘公園よ。新しくできたところでアスレチックがあるんだっておにいちゃんはたのしみにしていたの」
魔女は黒い服の中に手をつっこみ何かをとりだしました。「ワァ~水晶玉ね」ミカは目をみはり煮詰めました。
「フム・・・」魔女はうなずきなにかブツブツ言いながら水晶玉を持った手をグル~~っとまわしました。
するとどうでしょう・・・早の中に森が丘公園があらわれたのです。もちろんさわることはできませんけどね。
ミカは大喜びです。まるで一緒に遠足にいったみたいですから。
おにいちゃんのルナをさがすとアスレチックにいました。ネットの上を少しへっぴり腰でわたっていました。「
「おにいちゃんがんばれ~」ミカは応援の声をかけました。声は聞こえないのですがルナは無事ゴールしました。
「ピッ~~~」笛の音が響き「お昼ですよ~~みんな先生のまわりに集まってくださ~~い」と声がすると
みんなが走って先生のまわりに行きそれぞれリュックからシートとお弁当をとりだしました。ミカもママがおいていってくれた
お弁当をうれしそうにひろげました。
みんながそれぞれのお弁当を見せ合ったりおかずを交換したりしながら食べ始めると「魔女さんも召し上がれ」と
ミカはお弁当をすすめました・
「いや・・・わたしは・・・」魔女はドギマギしながらお弁当をのぞきこみ「これは?」と指さしました。
「それはおにぎりよ。のりがまいてあるの」「これをいただこう・・・」魔女はパクリと口にほうりこみました。
「おいしいでしょ?」ミカが言うと「魔女は黒いものしかたべないんじゃよ・・・」それを聞くとミカはビクリとしました。
だっておにぎりの黒いのはのりの部分だじぇで中は白いごはんだからです。
「黒いもの以外を食べたらどうなるの?」小さい声でいいました。
「さあね~~食べたことがないからわからないね・・・でも魔女ばあちゃんはいろいろ食べてるみたいだけどどうってことないからね」
ミカはみんなと一緒に食べているような気持ちにんっていつも食欲がないのにパクパクと食べることができました。
パタン・・・音がしました。魔女はぱっと水晶玉をしまいました。
「ママが帰ってきたのよ・・・だいじょ・・・」もう魔女の姿はなくもちろん森が丘公園もきえてしまいました。
外を見るとに黒い小さなかげが遠ざかっていくのが見えました。
ミカはがっかりしてしまいました・・・公園消えてしまったのですからね。

「ただいまミカ」ママが部屋にはいってきました。
「おかえりなさいママ」
「あらまあ・・・」ママはからっぽになったミカのお弁当箱を見てびっくり、そしてうれしそうに「いっぱい食べたのね」
「フフフ」ミカはちょっと自慢気な顔になりました。魔女が楽しいひと時をくれたことは話しませんでした。
おにいちゃんの話を聞く楽しみがうすれてはいけないと思ったからです。
ママはからっぽのなったお弁当箱をかたずけようと手にとったとき小さなどんぐりの実がひとつぶ落ちているのに気がつきました。
「???」
「ただいま~~~」ルナの元気な声がひびきました。「わぁ~~いおにいちゃんが帰ってきた~~」ミカは大喜びです。
「おかえり~~おやつを持ってくるわね。ゆっくりお話しを聞きましょう」ママもうれしそうでした。

三人でおやちを食べながらおにいちゃんの話をききました。ミカはいつもより様子がよくわかりました。
なにしろ魔女の水晶玉でいりろ見せてもらってましたから・・・
「ほらおみやげだよ」ルナが木の実や色とりどりの木の葉をとりだしました。「まあなんてきれいな色」
「大きなどんぐりだろ」「帽子をかぶっているのね」
楽し気な二人をママはうれしそうに見つめていまた・・・

ミカとルナ・・・お別れ

ミカはおにいちゃんの遠足のおみやげの木の葉やどんぐりで楽しそうに遊びました。
魔女が見せてくれた公園はミカにとって思い出すだけでその世界にいるような気持ちにさせてくれたからです。
・・・でもそれからしばらくするとミカは時々ふっと手を止め遠くの世界をみるような奇妙な様子を見せるようになりました。
「ミカはどうしたんだろう」その様子に気がついたママとルナは不安気に顔を見合わせました。
「ミカ!!」ルナが声をかけると「?」となんのことかわからないようでまたいつものミカにもどりました。

夜中・・・いつものようにミカは目がさめました。そんな時は窓から空を見るのです。
丸いお月様がミカをみつめていました。「お月様・・・」ミカはつぶやきました。するとお月様が少し大きくなりました。
ミカはポロリと涙を落としました。そして心の声でママとおにいちゃんを呼びました。
「ママ、おにいちゃん、すぐにきて」
「どうしたの?」ママとおにいちゃんが部屋にとびこんできました。
「お月様がよんでるの・・・行かなければならないの・・・」ママとルナはお月様を見上げなした。またお月様は少し大きくなりました。
「ミカ」ママはミカを抱きしめました。小さなミカはさらに小さくなったうえにフワフワとゆれていました。
「ママおにいちゃん・・・さようなら・・・」というとフワフワと白い煙になっていきました。
「ママ~~」ルナは泣き声をあげました。「ルナ・・・窓をあけて・・・」ママの声にルナは泣きながら窓をあけました。
ミカの小さい白い煙がフワフワ窓の外に浮かんでいきました。
ミカの声が聞こえました。「ママ、おにいちゃんありがとう・・・忘れないよ、ぜったいに・・・」
白い煙はどんどん空をのぼっていきました。お月様はさらに大きくなり・・・そしてミカの煙をうけとめました。
ママとルナは涙を流しながらいつまでも空を見上げていました。
やがて・・・お月様はもとの大きさになりました。
・・・・・
ママとルナはミカのベッドのふちにすわって空を見上げていました。ゆりかごのような三日月の夜でした。
「ママ・・・ミカはお月様で幸せにくらしているかな~」
「もちろんそうよ。ミカはお月様からきた魔女さんのうまれかわりだったんだもの。きっと仲間に会えて幸せに楽しく暮らしていますよ」
「そうだよね・・・地球ではミカの世界はこのベッドの上だけだったんだもの・・・」
「さあ・・・ルナもうおやすみなさい。明日はパパのところにいくのだから」
「・・・もう少しミカを見ていたいから」「ママは片付けをしてしまうわね」
ルナは三日月を見つめていました。「?」窓の外でなにかが動きました。「魔女さん?」心の声でそっと呼びかけました。
ミカには姿を見せた魔女だけどルナには見せることがなかったので驚かしてはいけないと思ったからです。
ピョコンと顔がのぞきました。ミカが言っていたような長い耳とおとぼけ顔のうさぎもような顔でした。
「ぼくはルナだよ」「知っているよ・・・ミカはどこにいるのかい?」
「ミカはお月様にいっちゃったんだよ」魔女は空を見上げました。
「いつもどってくるのかね」「・・・ミカはお月様に帰ったんだよ・・・もうもどってこないと思うよ」
「おやおや・・・」魔女はまた月を見上げました。ちょっと寂しそうにみえました。
「ぼくも明日ママと一緒にパパのところにいくんだよ。ここはもう誰もいなくなってしまうんだよ」
魔女は軽く手をあげるとほうきに乗って飛び立ちました。その姿はまるで月をめざしているようにみえました。
「魔女さんもミカがいなくなってさみしいんだろうな・・・ミカはほんとにかわいかったもの。姿は人間とは違っていたけど・・・
ママは魔女さんににているって言ったけど・・・あの魔女さんとはずいぶんちがうな~」
魔女は窓から中を覗いてみました。誰もいません。ミカがいたベッドだけがポツンとおかれていました。

やがて・・・家が取り壊されまわりの雑木林が開発され・・・マンションやスーパーや家々が建ち始め人々が大勢行きかうように
なると魔女はもうそこに近づくことはなくなりました。
・・・・
・・・・
・・・・
こんちゃんの声が聞こえてくるまでは・・・・
ミカとルナ   おしまい