11月のうた

木の葉はあんなにさりげなく

別れを告げていけるのに

 

さよならを言ってから

それでもあなたを見つめてしまう

・・・わたし・・・

嫌いだったあの頃なのに

昔を思えば

嫌い、嫌い、嫌い

そんな文字でしかあらわせなかったのに

 

今はこんな世界になって

哀しいくらい恋しい

会いたい人にあっておけばよかった

行きたいところに行っておけばよかった

 

もうそんなことはできないの?

 

Tさん・・・・いい友達になれたよね

あのとき声をかけていたら

きっとTさんもそうおもっていたよね

一瞬見つめあったあのとき勇気をだしていたら

いつか会いに行こうと思っていたよ

あのS町のお茶屋さんへ・・・

 

嫌いな時代だったけど・・・なつかしいこともある

ポロポロと泣けない

なぜかな・・・

ポロポロと泣けなくなっちゃった

哀しい歌をきいたのに

思い出がよみがえったのに

わたしの心にひびいたのに

 

でも泣けない

涙はどこにいっちゃったのかな~

たそがれ色

わたしの心はたそがれ色で

夕暮れにはいつも泣く

かあさまが恋しいと・・・

 

あたたかさがどんな色か

忘れてしまうほど

わたしは遠くまで生きてきた

 

人の心がうとましく

わたしはひとりが好きになって

わたしの心はたそがれ色

夕暮れにはいつも泣く

 

あの人が恋しいと・・・