ゆう太は未来へ・・・そして

わたしは森の中にいました
もちろん地球の森です お月様の森とちがって重い暗い色をしていました
「怖い」こんな感情はもったことがなかたのでびっくりしました「大丈夫だよ」こんちゃんが心の中でいいました
わたしはこんちゃんの力をかりドリームバスの運転手とパン屋をやりながらうさ太やきにろにとしりあうように
したのです
うさ太を初めて見たときあまりの小ささにお月様で暮らせるのだろうかと心配になったものです
きにろとの出会いはこんちゃんがうれしさで興奮したので飛び出してくるのではと思ったりもしました
そしてわたしたちは無事ふたりを月にむかって出発させたのです

「そのあとどうして未来にかえらなかったのかね?」魔女ママが不思議そうな顔でききました
「時間の交差がちょうどいいときでないとだめなんだそうで・・・そのときがくるまでわたしとっこんちゃんは
バスで地球をまわりいろいろみてきたのですよ」
「地球はどうでしたか?」魔女ママは聞きました
「人間さんは不思議ですね・・・なんだかとても心配です」「おやおや」
「でもこんちゃんはなにかいい発見があったみたいでうれしそうでした」「おやおや・・・それはいったいなんで・・・しょうか」
魔女ママが言いかけると・・・ありゃ~~~ゆう太はユラユラとゆがんで消えてしまいました
「あれあれ・・・行ってしまったよ まあきっとうまく未来に帰れただろうね あのこんちゃんのこtだから
大丈夫だろうね・・・わたしもちょっと言いたいことがあったんだけど 」
魔女ママはブツブツつぶやきはじめました

実はわたしは赤ちゃんを産んだんですよ 灰色族でははじめてですね 赤ちゃんポッケには赤ちゃんもちではなくて
赤ちゃんそのものができるってことをこんちゃんにおしえたかったけどきっと未来に帰ればわかることでしょうね
その赤ちゃんができるためには大事なものがあるんですよ
長耳族のじっぽにはこの大事なものが生まれたときからあるから赤ちゃんもちができるんですよね
でも灰色族にはこの大事なもの「命の種」そのものがないから子孫を残すことができなくて自らを若返らせて種を絶やさないように
しなければばらなかったわけです
「命の種」のことを教えてくれたのは地球に落ちてきた白色さんでした
白色さんはわたしたちが何を求めて地球にきたのかに気がつきしっぽの中に「命の種」があると言ったのです
そしてその大事なものを二つあるからと言い一つ私たち暮れ月に帰っていったのです
わたしたちにはしっぽがないのでなにかいいものはないかとさがしぬいぐるみの中にいれ薬草の栄養を与え育てたのです
だけど・・・赤ちゃんもちができてもひとつではどうすることもできません
それでうさ太を誕生させたにです・・・もちろん黄色族として
だけどうさ太には「命の種」がなかったのです
それで・・・わたしたちは・・・ひどいことをしたのです
きにろの誘拐です
あまりのことにわたしたちは気が動転し大事なぬいぐるみを落としてしまったのです
でもぬいぐるみはぼうやとママの手元でかわいがられ赤ちゃんもちも育っていきました
そしてきにろのもとにきたというわけです
きにろは誘拐したことを怒りませんでした むしろわたしがママとして育てたことをとても喜んでくれたのです
わたしはきにろがかわいくてかわいくてしかたありませんでした
でも・・・

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。