ミカとルナ・・・つづき

「魔女さん誰もいないから入ってきませんか?」ミカが心に話しかけると窓が開いたわけでもないのに魔女が部屋の中に
いました。
「おやおや遠足には行かなかったのかい?」
「わたしは・・・病気だから外にはいけないのよ。でもおにいちゃんはうれしそうに遠足にいったわ」
魔女はミカを見つめ「そうかい」とうなづき「どこに行ったのかね」とききました。
「森が丘公園よ。新しくできたところでアスレチックがあるんだっておにいちゃんはたのしみにしていたの」
魔女は黒い服の中に手をつっこみ何かをとりだしました。「ワァ~水晶玉ね」ミカは目をみはり煮詰めました。
「フム・・・」魔女はうなずきなにかブツブツ言いながら水晶玉を持った手をグル~~っとまわしました。
するとどうでしょう・・・早の中に森が丘公園があらわれたのです。もちろんさわることはできませんけどね。
ミカは大喜びです。まるで一緒に遠足にいったみたいですから。
おにいちゃんのルナをさがすとアスレチックにいました。ネットの上を少しへっぴり腰でわたっていました。「
「おにいちゃんがんばれ~」ミカは応援の声をかけました。声は聞こえないのですがルナは無事ゴールしました。
「ピッ~~~」笛の音が響き「お昼ですよ~~みんな先生のまわりに集まってくださ~~い」と声がすると
みんなが走って先生のまわりに行きそれぞれリュックからシートとお弁当をとりだしました。ミカもママがおいていってくれた
お弁当をうれしそうにひろげました。
みんながそれぞれのお弁当を見せ合ったりおかずを交換したりしながら食べ始めると「魔女さんも召し上がれ」と
ミカはお弁当をすすめました・
「いや・・・わたしは・・・」魔女はドギマギしながらお弁当をのぞきこみ「これは?」と指さしました。
「それはおにぎりよ。のりがまいてあるの」「これをいただこう・・・」魔女はパクリと口にほうりこみました。
「おいしいでしょ?」ミカが言うと「魔女は黒いものしかたべないんじゃよ・・・」それを聞くとミカはビクリとしました。
だっておにぎりの黒いのはのりの部分だじぇで中は白いごはんだからです。
「黒いもの以外を食べたらどうなるの?」小さい声でいいました。
「さあね~~食べたことがないからわからないね・・・でも魔女ばあちゃんはいろいろ食べてるみたいだけどどうってことないからね」
ミカはみんなと一緒に食べているような気持ちにんっていつも食欲がないのにパクパクと食べることができました。
パタン・・・音がしました。魔女はぱっと水晶玉をしまいました。
「ママが帰ってきたのよ・・・だいじょ・・・」もう魔女の姿はなくもちろん森が丘公園もきえてしまいました。
外を見るとに黒い小さなかげが遠ざかっていくのが見えました。
ミカはがっかりしてしまいました・・・公園消えてしまったのですからね。

「ただいまミカ」ママが部屋にはいってきました。
「おかえりなさいママ」
「あらまあ・・・」ママはからっぽになったミカのお弁当箱を見てびっくり、そしてうれしそうに「いっぱい食べたのね」
「フフフ」ミカはちょっと自慢気な顔になりました。魔女が楽しいひと時をくれたことは話しませんでした。
おにいちゃんの話を聞く楽しみがうすれてはいけないと思ったからです。
ママはからっぽのなったお弁当箱をかたずけようと手にとったとき小さなどんぐりの実がひとつぶ落ちているのに気がつきました。
「???」
「ただいま~~~」ルナの元気な声がひびきました。「わぁ~~いおにいちゃんが帰ってきた~~」ミカは大喜びです。
「おかえり~~おやつを持ってくるわね。ゆっくりお話しを聞きましょう」ママもうれしそうでした。

三人でおやちを食べながらおにいちゃんの話をききました。ミカはいつもより様子がよくわかりました。
なにしろ魔女の水晶玉でいりろ見せてもらってましたから・・・
「ほらおみやげだよ」ルナが木の実や色とりどりの木の葉をとりだしました。「まあなんてきれいな色」
「大きなどんぐりだろ」「帽子をかぶっているのね」
楽し気な二人をママはうれしそうに見つめていまた・・・

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。