命の森に・・・

「あれれ?ママはどこ?」きにろママはキョロキョロしました
「だいじょうぶだよ 廃位栄さんがちゃんとお世話してくれるから」うさ太かあちゃんがいいました
きにろママは安心した顔になりました
こんちゃんは落ち貴様の仲間たちを見回してニコニコわらっていました
もうすっかり元気になっていました
「なんてかわいいの?」「きれいな色だね~」みんなはこんちゃんにくぎずけでした

しばらく日がたって灰色さんが新しい二本の魔法のほうきをもってとんできました
「ほら「新しいほうきですよ うさ太ときにろのですよ」
「ママは?ママのほうきは?」きにろママは心配そうな顔をしました
「・・・魔女ママは地球に帰りましたよ・・・地球での生活が長いので完全復活するには地球にもどる必要があったんです」
きにろママはがっかりしました「一緒に暮らせると思ったのに」
「魔女ママはちゃんときにろを見守っているからと言ってましたよ 元気になればまた遊びにくるでしょう」

うさ太ときにろママは新しいほうきに乗って時々灰色さんのところにでかけました
きにろママはこんちゃんを抱いて一緒にでかけました
こんちゃんは魔法のお勉強をしていたようです
やがてきにろママが大きくなってしまいほうきのバランスがとれなくなるとうさ太かあちゃんが
抱いていきました
そしてこんちゃんはひとりでほうきにのれるようになると・・・灰色さんと同じように薄いピンクの布を身につけるようになりました
灰色さんは走り回ることはなかったのですがこんちゃんはみんなと走り回って遊んだのでひらひらとおインクの布がゆれてとてもきらいでしたね
今までと違ってお月様での生活は楽しく愉快なものになりました
月の森幼稚園はおとなもこどもも新しい遊びが加わってもう地球を見つめているだけではなくなったのです

月日が流れれば命の森に帰って行く日がきます
みんなそれはごくふつうのことと受け止めています
地球で長く暮らしていたかあちゃんは同じときに生まれた兄弟(地球的表現ですね)よりも成長が遅かったけれど
やがて・・・その日はやってきたのです
「うさ太・・・みんなも・・・かあちゃんは命の森に行くときがきました」
「えっ」うさ太かあちゃんは目を見開いてかあちゃんを見ました
かあちゃんは静かにうなずき「これはお別れではないのよ・・・かあちゃんの姿がかわるだけなのよ」とうさ太を抱きしめました
「さあうさ太 そしてみんなもついていらっしゃい」かあちゃんはそういうとフワァ~~と白い煙になり
命の森のほうにフワフワ飛び始めました
「かあちゃん」うさ太かあちゃんは声をふるわしかあちゃん煙をおいかけはじめました
もちろんわたしたちも・・・
かあちゃんは一本の木にすいこまれました
「かあちゃ~~~ん」うさ太かあちゃんは泣きながらその木に抱き付きました
きにろママはどうしていいかわからなくてオロオロしてしまいました
でもしばらくするとうさ太かあちゃんはあれ?というような顔をしました「かあちゃんだよ・・・この木はかあちゃんだ」
わたしたちも木に抱き付きました「ほんとだね かあちゃんがいるよ」
それは姿を変えたかあちゃんでした
かあちゃんはいなくなったわけではなかったのです
それからはかあちゃんに会いたくなったらトコトコと命の森のかあちゃんの木にだきつけばいいのです

月日は穏やかに流れみんな月の森幼稚園で仲良く楽しくすごしていました
うさ太かあちゃんはあまり灰色さんのところにいかなくなりました
「おらのできる魔法はこのくらいみたいだね・・・」
でもこんちゃんはまだまだお勉強があるようで「いってくるね~~」と手をふってでかけることが多くありました

そして・・・「こんちゃん・・・ママの番がきたようですよ」ときにろママは言いました
「えっ?」こんちゃんはきにろママに抱き付きました
「これがお別れではないことはわかりますね」「はい・・・」わかってはいてもこんちゃんはうつむきました
「うさ太かあちゃんもゆう太もいるからなにも心配はないしいつでもママにあいにくればいいのですからね」
「はい・・・」こんちゃんの声はふるえていました
うさ太かあちゃんがこんちゃんを抱きしめました
「さあ・・・こんちゃんついていらっしゃい!!」きにろママはふわりと白いけむりになり森のほうに流れていきました
こんちゃんは「ウググ」と奇妙な声をだしトコトコおいかけました
もちろんわたしたちも・・・
かあちゃんの時と同じように木の中に消えていきました
「ママ!!」こんちゃんのかなしげな声が響きました
でもしばらくするとこんちゃんはママを感じたようでしばらく木に抱き付いたいました

お別れではないってわかっていても姿が消えるとびっくりしますからね

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。