うさ太とかあちゃんとパン屋さん

うさ太とかあちゃんは朝ごはんがすむと洗濯とそうじをはじめます
かあちゃんはうさ太にしっかりと洗濯とそうじのしかたを教えています いつかひとりになっても大丈夫なようにと そのほかに料理や買い物のしかたやバスに乗る方法などもね(封筒はりはまだです)
かあちゃんはその日が近いと感じていました

お天気がよいと公園に遊びに行きます
かあちゃんは白い長い耳をピコピコ動かして公園の様子をさぐります
かあちゃんはあまり人が多いと公園には行きません うさ太もそれは苦手なので小さな耳を動かしてみますがまだまだうまくさぐれないのです

公園には時々パン屋さんの車がきます
プップー・プップー・・・焼きたてパン屋がやってきた
プップー・プップー・・・焼きたてパンはいかがかな?
焼きたてパンを食べようよ
フワフワパンだよ・・・おいしいよ
焼きたてパンを食べようよ

パン屋さんが来る日は子供たちや親子連れがたくさんきますがかあちゃんとうさ太はがんばって公園に行きます
だっておいしいパンを食べたいものね

うさ太とかあちゃんはパン屋さんがドリームバスの運転手さんだと気が付いています
でも・・・うさ太たちのことをパン屋さんに知られているとは思ってもいませんでした

うさ太はお月様のようなメロンパンが大好き、かあちゃんはチョココルネが好きなようです
でも二人ともみんながワアワア言って買っているところになかなかはいっていけなくてモタモタしているうちにいつも最後になってしまいます

ときには大好きなメロンパンが売れてしまうことも・・・うさ太は悲しげな顔になります
そんなときパン屋のおじさんは「お~やおやこんなところにメロンパンが・・・うっかりしてだしわすれたよ」
うさ太のほうを見ながら大きな声をだします
うさ太はピョンピョンはねておお喜びです

うさ太とかあちゃんが手をつなぎうれしそうにはねながら帰っていくとパン屋のおじさんは「今日も商売繁盛だね」ニコニコしながらパン屋帽子をとり額の汗をぬぐいました「今夜もドリームバスを走らせないと魔女に催促されちゃうからな~」そういいながら白い長い耳をクルクルまるめてパン屋帽子をかぶりました・・・アレアレこれは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です