うさ太の家に・・・

運転手は魔女の家のドアをノックにました

「コンコン」でも返事はありません

毎度のことなのでかまわずドアを開けました

きにろはテーブルに突っ伏して眠っていました カップがテーブルの下に落ちていました

「フフフ」運転手は口元を抑えて笑いをこらえました そしてきにろのそばをそっと通り壁に立てかけてある魔法のほうきのそばに行きそって心の声でささやきました

「どうか力をかしてください あなたの力が必要なんです」するとほうきはカタカタと小さく音をたてました

まるで「まかせてください」というように・・・

「きにろさんきにろさん起きてください」運転手はきにろの肩に手をおきゆすりました

「アワワワ~」きにろは飛び起きました

「わたしですよ~さあうさ太の家に行きますよ」「わかってるよわかってる」きにろはよだれをふきながら立ち上がりました

「ねえきにろさん こんちゃんのビンをうさ太の家に持っていこうと思うんですよ」「こんちゃんを?」

「あそこは月と同じ状態です だからこんちゃんにはいごこちのいい場所なんですよ」「こんちゃんんは月からきたのかい?」「ええそうですよ きにろさんもそうですよ」

「え~~~っわたしも?」きにろはびっくりしてしまいました 空から落ちてきたとはしっていたけどまさか月からとは・・・

「そのことやら長耳族のことを話したいと思っているんですよ 二人ともなにも知らないのですからね」

運転手はこんちゃんのビンを手にとりきにろをせかしました「さあさあ行きますよ」

「こんちゃんはわたしがもっていくよ」きにろはこんちゃんのビンを運転手からうばいとりました

「はいはい・・・さすがママですねぇ・・・」

「えっ・・ママ?」「いえいえさすが~~ですねってっていっただけですよ」

きにろは腑に落ちないように首をかしげながら でもこんちゃんを抱きしめるようにビンを持ち運転手に続きました

外にでてしばらく歩くとバスが止まっていました

「わ~~ドリームバスに乗っていくのかい?」「ええそうですよ 歩いていくには遠いでしょ?」

バスに乗るときにろはうれしそうに「プップーップップー」と唄いはじめました「アレレ唄は流さないの?」

「唄はなしですよ 誰かが載せてくれっていったらどうするんですか」「それはそうだね・・・でも聞きたかったなあ」

バスは小高い丘の上にぼんやりと見えているうさ太の家にむかって走りました

うさ太がゆう太といる家です 運転手は気持ちをおちつけるように大きく息をすいました

きにろはこんちゃんを抱きしめうさ太の家のドアをたたきました「うさ太~~わたしだよ~きにろだよ~」

ドアがあきました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です