こんちゃんときにろと・・・そして・・・

のくらいの時間が流れたのでしょうか
静かな家の中でこんちゃんは眠っていましたが・・・おやおやゴトゴトとビンが揺れ始めました
少しずつこんちゃんもちが膨らみ始めたようです
ガタン大きな音とともにビンが倒れました
そしてピンクのぬいぐるみの頭の部分にはいったこんちゃんもちがキューっとビンから出てきました
ワァこれは大変です このままではこんちゃんもちは死んでしまいます
誰もいないのでこんちゃんもちはビンの外にころがっているしかありません
少しピンクがかったこんちゃんもちは誰かをさがすようにぷくぷくとゆれています
ああ・・・どうしましょう

日が暮れました・・・その時です
窓から魔法のほうきに乗った誰かが飛び込んできたのです「ワァワァーー」急ブレーキをかけるように
止めたのでもう少しで転がり落ちそうになりました
こんな慌て者は・・・やっぱりきにろでした 少し大きくなっていましたがきにろです
「アッこんちゃんが」テーブルの上でふるえているこんちゃんもちを見つけいそいでテーブルのそばにいきました
そのとききにろのプクプクにふくらんだしっぽがポトンと落ちました
「ああよかった間に合ったよ」
自分のしっぽをひろいあげテーブルの上にあるシチュー鍋の中に白いおもちをいれました
そしてこんちゃんもちをそっと同じように鍋にいれました
(ごめんね遅くなっちゃって)
それからきにろは月に行って覚えた歌をうたいながらそっと二つのおもちを混ぜ始めました
「そーれそーれまぜましょうあかちゃんおもちをまぜましょう そーれそれそれまぜましょうかわいいこんちゃん生まれるように」
赤ちゃんおもちは二つではなかなか赤ちゃんが誕生しないのです
きにろは時間をかけあきらめずに混ぜ続けました
「フワフワフワ~~~」小さなピンクのけむりがきにろの手のほうに流れてきました
きにろはそっと手の上に受け止めました
小さな赤ちゃんになりました 薄いピンクの赤ちゃんです 耳は頭の上にあり・・・ぬいぐるみこんちゃんと同じ三角の耳でした
「まあほんとにこんちゃん・・・こんちゃんやっとあえましたね ママですよ」
きにろの言葉にこんちゃんはパチリと目をあけました
なんときれいな紫色です 薄いピンクの肌にとてもあっていました
「ママ」小さな声がしました きにろはそっと抱きしめたのですが・・・なんだかこんちゃんの呼吸が変です
「こんちゃんこんちゃんどうしたの」きにろはびっくりしてしまいました

その時後ろでガタンと音がしました
きにろは振り向きました・・・そこには女の人が立っていました
「アッ・・・ママ」きにろは自分の言葉に驚いてしまいました
ママ・・・ってどういうことでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です