さよならうさ太 さよならきにろ

その日がやってきました
夕方運転手はきにろを迎えにやってきました
「さあきにろさんいよいよですよ」
きにろは緊張した顔でうなずきました
「ほうきをわすれないようにね」「忘れるなんてそんなことないですよ」
「それとシチュー鍋ももってください」きにろは不思議そうに「鍋?」といいました
「そうですよ それは大事な鍋です 必要になるときが必ずきますからね」
きにろはシチュー鍋をきれいに洗いました
「ここに何冊か本がありますね・・・これはこのままではいけません きにろさん魔法で本の中身を消してしまってください」
「なぜ消さなければいけないの?」「ここはもうじき開発がすすみます 人間さんになにか見られたら困ることもあるかもしれないからです」
「魔女ばあちゃんが困るのでは?」「大丈夫ですよ 魔女ばあちゃんはこういうことは何度も経験していますからね」
きにろは魔法をかけ本の中身を消しました でも一冊だけ消えないものがありました でもきにろは気が付きませんでした
魔女ばあちゃんもうっかり力をかすことをしなかったのです その一冊の本はやがてひとりの人間さんの手に・・・

運転手ときにろは家の中をみまわしました「あっ・・・きにろさんエプロンをしてポケットに若返りの薬草をいれてください
魔法のほうきに必要ですからね」きにろは言われた通りにしました
きにろは魔女ばあちゃんの家にさよならをしてバスに乗ってうさ太の家にむかいました

うさ太は家の中をきれいにかたずけていました
ふとんをたたみ棚にいれきれいに洗ったタオルもいれました
掃除機をかけ台所もきれいにしテーブルもきれいにふきました こんちゃんの入ったビンと月の香りのびんと並べておき
「大丈夫だよ ママはちゃんと迎えにきてくれるからね」と心の声ではなしました
うさ太は自分のからだの色がクリーム色になったのはわけがあるんだなと思いました
ゆう太はおすわりができるようになりカチャカチャと音のするおもちゃで遊んでいます うさ太の遊んでいたおもちゃです
かあちゃんが作ってくれたものです
日が暮れてきました ゆう太はまだおきています「まだきにろさんたちはこないんだね」とつぶやきました
遠くでバスの走る音が聞こえ始めました
するとゆう太はコロンと横になると眠り始めました うさたはゆう太をだきあげました
「そろそろきたようだね」つぶやくとドアを見つめました
カタンと小さな音がしてドアがあきました
ほうきを持ったきにろとシチュー鍋を持った運転手がはいってきました
「おやおやきれいにかたずけましたね」「はい・・・もうお別れだから」うさ太はちょっとさみしげな顔をしました
「わたしも家をかたずけてきましたよ」きにろもふっと遠くを見るような顔になりました
「ふたりは地球育ちだから別れはつらいでしょうね・・・でも月もなかなかいいものですよ」運転手はなぐさめるような口調になりました
「うさ太さん白いエプロンをしてください」「はい」運転手に言われうさ太はゆう太をしたにおろそうとするときにろが手をのばし抱いてくれました
エプロンをすると運転手はエプロンの裾を胴のひもにしばりつけ「きにろさんほどけないように魔法をかけてくださいね」ととたのみました
きにろは魔法の言葉をいいました「さあこれでいいですよ ゆう太さんをエプロンにいれてください ここにいれておけば安全ですからうさ太さんは
ほうきにしっかりつかまっていてくださいね」
きにろがゆう太をエプロンにいれました そしてほうきの準備をしはじめました
「お月様に行ってかあちゃんにいっぱい甘えてくださいね」運転手は小さい声でいいました
するとうさ太は運転手に抱き付き(本当は抱きしめたんだけどうさ太のほうが小さいのでだきついたみたいになっちゃんだよ)
心の声でなにか言いました すると運転手はびっくりし同じように心の声でこたえました
このやりとりはきにろは気が付いていなかったのですが魔法のほうきは気が付いたようですね
「さあうさ太も乗ってよ」きにろが声をかけたのであわててうさたはほうきに乗りました
「準備はいいですね しっかりつかまってくださいよ」運転手はそういうと壁のうすいバリアをバリバリとはがし
二人をくるむようにかぶせました「これでくるめば息が苦しくはならないでしょう まあこれがないからって長耳族にはどうってことないんですけどね さあ出発してください」その声できにろは窓から飛び立ちました
ゆっくりと・・・徐々にスピードを上げ・・・だんだん高く高く・・・さらにスピードを上げ・・・
やがてその姿は小さくなり・・・さらに小さくなり・・・やがて点になりついに見えなくなりました
運転手はじっと空を見上げ目元をふきました
さよならうさ太 さよならきにろ・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です