まだある秘密?

「いなくなった赤ちゃんってきにろさんだね」うさ太が言うと「どうしてわたしなの?」きにろが不思議そうな顔を
しました「うむ・・・どうしてきにろさんっていえるのですか?」運転手もききました
「だってわたしは赤ちゃんのときに落ちてきたんではないですからね」きにろの言葉にうさ太はこたえました
「きにろさんの頭の傷は傷ではなくて・・・傷に似せてつけられていただけだったもの」
「えっ?」きにろと運転手は奇妙な顔をしました
「だからおらは字を消すように左手でさわっただけだよ」
「字を消すって・・・うさ太さんは字を知っているのですね」運転手がきくと「うんかあちゃんからおしえてもらったよ・・・きにろさんにもおしえてよ」
「はいはいわたしもおしえてもらいました」
「灰色さんたちは知らないけれど白色も黄色も字はしらないんですよ かあちゃんはどうしてしっていたのでしょう」
「水晶玉でお勉強したんだよ」「・・・なるほど・・・」運転手はまだ不思議そうな顔をしていました
「確かに長靴には名前が書いてありましたね・・・」
「だけどどうしてわたしがその赤ちゃんだっていうことになるのですか?」「きにろさんの記憶の中に
女の人に抱かれている赤ちゃんの姿がみえたから・・・そのときはきにろさんのかあちゃんだと思っていたけど
おらたち長耳にはかあちゃんがはいないってことらしいからそれはきにろさんが地球で経験したことだろうと思って」
「わたしの記憶は魔女ばあちゃんに助けられたときからしかないけど赤ちゃんのときに落ちてきたのだろうか」
「その女の人は人間さんなんですか?」運転手が聞くと「違うと思う」うさ太はちょっと困ったように目をそらせました
「じゃあ長耳さん?」きにろが聞くと「まあ・・・そんなところかな」うさ太はやはり目をそらせたままでした
運転手は「そういうことか・・・」と小さくつぶやきました
「じゃわたしは赤ちゃんのときはかあちゃんに育てられていたんですね・・・どこで?」きにろが首をひねっていると
運転手が「そのうち思い出すでしょう・・・それよりうさ太さんの脱出計画をたてませんか?」と話をかえました
「おらの脱出計画?」「そうそうわたしたちはそれを考えるために集まったんですよ」きにろも話をかえました
「さあさあパンも食べてくださいね」すっかり手がとまっていたふたりはまたおいしいパンを口に運び始めました

「なんとかうさ太さんをゆう太さんと一緒に月に行かせたいと思っているんですよ もうかなしい思いはしてほしくないものですからね」
運転手の言葉にうさ太は「ほんよなの?ゆう太と一緒にかあちゃんのいる月にいけるの?」
「なんとしても一緒に行かせますよ」運転手は固い決意の顔でこたえました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です