不思議な灰色族

灰色さんは水晶玉を持っています
これは表側に行って探してくるようですね みんな一つずつ持っているからと
大きな水晶玉をわたしたちにもくれました ゴロゴロころがしてきたんですよ
大小あわせてわたしたちも五個あります
まだバリアがないころはわたしたちは地球を直接見ていましたがバリアができてからはこの水晶玉で
見ます
小さなところまで見えるので今では地球を水晶玉で見ています まるでテレビを
見るようにね テレビはしっていますよね(うんうんおらはみたことがあるよ)
きにろさんもどこかで見たはずですよ(あの四角い箱?わたしは水晶玉はしっています)
灰色さんがどうやって水晶玉をさがしだすのかわたしたちにはわからないのです

灰色族にはしっぽがありませんから(赤ちゃんは?)
赤ちゃんは生まれないのです (じゃあいつかみんないなくなっちゃうのでは?)
灰色さんは死なないのです 白色族や黄色族はいつか白い煙になって命の森に帰っていきますが
灰色さんには誕生もないし死もないのです(おらのかあちゃんは死んじゃったの?)
いいえうさ太のかあちゃんは生きていますよ(でも煙になっちゃたよ)あれは月に戻る手段ですよ
元気でうさ太を待っていますからね
(どうしておらは煙になってかあちゃんとお月様にいけなかったの?)
月から落ちた耳長は月に戻ることができなかったのです それでなんとかならないのかといろいろ考えて
煙にする方法がみつかったのです でもこどもでは煙が月にとどかないうちに消えてしまうからなんですよ
今はこの方法しかありませんね
(灰色さんは年をとらないんですか?)
年はとりますよ それを遅らせるために若返りの薬草を食べていますがそれだけでなく魔法の木ですくった
家で眠りをたらないとだめなようですね(それって魔女ばあちゃんと同じです・・・魔女ばあちゃんって灰色族なんですか?)

そうです・・・それには・・・わけがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です