別れ・・・

うさ太はゆっくりだったけど確実にお仕事を覚えていきました
かあちゃんは今までのようにうさ太と公園に行くことを続けそれはかあちゃんにとって幸せでありながらも毎朝二人分のお仕事を確認するまではドキドキ不安でした
うさ太はなにも知らずかちゃんとお仕事ができるのがうれしくて張り切っていました

その日・・・別れの日はやってきたのです 朝ドアの外にはお仕事の箱は一つしかなかったのです
かあちゃんはそれを見ると目の前が真っ暗になったようにふらふらと倒れそうになりました
ああ今晩はうさ太とのお別れの日・・・かあちゃんの一番恐れていた日です
でも逃れられないことです かあちゃんは覚悟を決めました

いつものようにおもちを食べミルクを飲みうさ太のつくった朝食を食べ掃除洗濯をすませると「うさ太今日はバスに乗ってお買い物にいこうね」といいました
うさ太は大喜びです
バスでお買い物に行くとドーナツを買っておやつにするからです 大好きなドーナツです
かあちゃんはうさ太にかあちゃんと同じ白い長靴と白いエプロンを買いました うさ太は大喜びで「わ~いかあちゃんとおそろいだよ~」ピョンピョンはねました
それから「お昼も食べていこうね」かあちゃんは「何を食べようかしらね」とうさ太に聞きました
「かあちゃんは何がたべたいの?」「そうね~何がいいかしらね~」かあちゃんはいつもならうさ太の好きなものにするのに今日はちょっと違っていました
うさ太はかあちゃんを見つめました
「かあちゃんはエビフライを食べてみたいけど・・・」
「わ~いエビフライおらは大好きだよ」
「あらら・・・じゃそうしましょうね」かあちゃんはうれしそうにニコニコしました うさ太はかあちゃんの笑顔を見てうれしくなりました だって最近はかあちゃんはちょっと悲しそうに見えていたからです
エビフライを食べドーナツを買って家にもどるとうさ太はお仕事をしようとして「アレレ・・・お仕事の箱が一個しかないよ」と言うとかあちゃんは悲しい顔で「今日からうさ太一人でお仕事をしなければいけないのよ」答えました
「そうなのか~~よーしおらがんばってお仕事するからね、かあちゃん安心してよ」
うさ太はお仕事を張り切って始めました
三時にはかあちゃんがドーナツを用意してくれ夕飯はカレーライスをつくってくれました
「おらかあちゃんのカレーが大好きだよ おらも同じようにつくるんだけど・・・なんかちょっとちがうんだよね」夕飯が終わるとまたお仕事をしようと・・・
「かあちゃん!!」うさ太は叫びました
かあちゃんの姿がユラユラしているのです
「うさ太・・・ごめんね、ごめんね」
「どうしたのかあちゃん なんかへんだよ」
かあちゃんはゆれるからだを必死に止めながら「うさ太ほんとにごめんなさい、かあちゃんはお月様に帰らなければならないの」
「エッお月様に・・・おらも行くよ行くよ」
「うさ太はまだ行けないのよ」
「え~~~・・・かあちゃんいつ帰ってくるの?明日?明後日?」
「もう帰ってこれないの・・・でもお月様でうさ太を待ってるからね必ずまた合えるから」
「やだよーやだよーおらも一緒にいくよ~~おらひとりぼっちになっちゃうもんやだよー」
うさ太は叫びました
でもかあちゃんはもうユラユラを止められなくてフワフワと窓から煙のように流れて行きました
空には真ん丸な・・・いつもより真ん丸な月が輝いていました
「かあちゃん!!かあちゃ~~~んエーンエーンかあちゃ~~~~~ん」うさ太は泣き叫びました
かあちゃんは白い煙になりユラユラとやがたスピードをあげ月にむかって行きました
やがて月に白い雲がかかり月は雲を飲み込むように少しゆれました
月はまた煌々と光輝きました
うさ太は泣き続けました「かあちゃんかあちゃん」呼んでも呼んでももうやさしいかあちゃんの声は聞こえませんでした
うさ太は…ひとりぼっちになってしまったのです
可愛そうにひとりぼっちに・・・

1件のコメント

  1. ラジオ少年

    終にかあちゃんは月へ帰って(行って?)しまいましたか、、、、、。
    可愛そうなうさ太、どうなるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です