地球が見えないよ

「バリアは森の木の葉を使います・・・落ち葉をいっぱい集めてくださいね」
灰色さんはそう言い残して魔法のほうきに乗って森にもどっていってしまいました
「さあみんなで力をあわせて落ち葉を集めましょうよ」こどもと赤ちゃんを抱いたおとなを残して
みんなは森に行きました

たくさんの落ち葉が集まりましたが・・・さあてこれをどうやってバリアにするのでしょうか
その時森の奥からなにかがやってきました
「ワァ・・・なんだなんだ?」
それは魔法の木の大群がとんできたのです もちろんみんながけがでもしてはいけないからゆっくりとですがね

魔法の木の山と落ち葉の山ができました
灰色さんが何人もやってきました
「落ち葉をみんなでもんでください」灰色さんの指示に白色さんも黄色さんも従いました
「もーみもーみもみましょう 落ち葉をバリアにするために もーみもみもみもみましょう バリアで月を守りましょ」
灰色さんは魔法の木を‎縦にわりはじめました そしてそれをならべて筏をつくりはじめたのです
なにしろ灰色さんだから仕事がはやいのです(魔法を使ったの?)そうでしょうねきっと魔法を使ったのでしょう

もんでいた落ち葉はやがてフワフワと白い雲のようになってきました
砂に浮かぶ大きな筏と白い雲・・・長耳族を守ってくれるのでしょうか

灰色さんは筏に囲いをつくりました そして白い雲で筏をつつみました 囲いも雲でおおいました
木の筏に絨毯を敷いたようになりました
「さあさあこどもたちと赤ちゃんを抱いたおとなは筏に乗ってくださいね」
「この筏は空を飛ぶの?」小さな子が聞きました
「いいえ浮いてはいるけど空は飛びませんよ でもどうしても飛ぶことが必要にまったときは灰色全員で魔法を使えば・・・飛ぶかもしれませんよ」
灰色さんはこどもが大好きなのでやさしくこたえていました
「こどもたちと赤ちゃんはここにいれば大丈夫だとおもいます みんなは気をつけてくださいね・・・とはいっても
目に見えない時空の穴ですからね~~」

「さあ今度は毒から守るためにバリアをはりますよ」
灰色さんは雲を手にするとほうきでとびはじめました 「もっと落ち葉をもんでください」
「でも・・・もう落ち葉がないのですよ」そういいかけるとパラパラパラと木の葉が落ち始めました
「命の木も助けてくれるようです」灰色さんがうれしそうにいいました
「も^みもみもみもみましょう・・・・」
またみんなは協力しあってもみはじめました
白い雲の天上をつくるようにバリアをはりました 何回も雲をとりにきてはまた空を飛びやがて白い天井ができました
命の木は必要なだけ葉を落とし続けていました
「さあ今度は壁をつくりますよ たいへんでしょうけどがんばってくださいね」
「いやいやわたしたちにくらべたら灰色さんたちのほうがたいへんですよ」
壁も出来上がり危険な表側はバリアで囲まれました 裏側の方にも少しバリアをはり出入り口は森からだけにしました
森はもともとバリア機能がありますからね(おらのこの家のようになったの?)
そうですね・・・ここもバリアがはってありますね
「ああ・・・もう地球は見えないね」地球の姿はぼんやりと見えているだけです
白色も黄色も地球をいつもみていましたからとても悲しそうでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です