きにろの昔ばなし・・・つづき

わたしは元気に家の中や森の中を歩き回れるようになったのですが魔女ばあちゃんは「どうしておまえは大きくならないのかねぇ やっぱり食べ物があわないのだろうか・・・薬草をいろいろ入れているから良いように思うんだけど長耳にはあわないのだろうかね・・・」と心配していました

「薬草・・・う~~むこれに問題があるのでは・・・あっしまった 若返りの薬草をいれていたよ・・・ああごめんよきにろ悪いことをしたしまったよ」

「若返りの薬草?」わたしにはわかりません

「これは魔女には大切な薬草なんだよ 魔女が長生きなのはこの薬草のおかげなんだよ だけどおまえのような小さな子には成長をおさえてしまうのかもしれない」そういうと魔女ばちゃんはシチューの鍋をひっくり返して中身を全部捨ててしまいまた新しくつきりなおしました

同じように黒いシチューなんですけどね 味も特にかわりません でもこれを飲みはじめるとわたしはようやく大きくなりはじめました

だけど魔女ばあちゃんはどんどん年をとっていったのです

そうまでしてわたしのことを考えてくれたんです

「魔女ばあちゃん・・・年をとっても大丈夫なの?」わたしは心配でした「なあに大丈夫さ 後で若返りの眠りにはいるからね・・・その前におまえに魔法と空の飛び方をおしえなくちゃいけないよ 少し大きくなったからもういいだろうからね」

魔女ばあちゃんは古いほうきを取り出し「これで空をとぶんだよ これは魔法のほうきだから操縦さえ覚えれば空を自由に飛べるんだよ まあ最近の魔女は使わないけどね わたしもずいぶん乗ってないよ きにろはこの家と夜の森の中にしかいけないものね あとは水晶玉を見ているだけだから これで空を飛べば楽しいだろうと思ってね」といいました

ほうきが飛ぶなんてと思いつつ魔女ばあちゃんのいうとおりほうきにまたがってみました

ほうきは静かに飛びました「ああすご~い」わたしはびっくりしました

「もちろん夜の空しかとんだらだめだよ これなら人間に見つかっても空に逃げればつかまることはないだろうし・・・ただあまり高く飛んではいけないよ ほうきがこわれてしまうからね また落ちたりしたら大変だからね」

わたしは家の中でしばらく練習してから空に飛び出しました

ああなんて楽しいんだろう・・・月が月が近づくよ・・・」

「きにろ~~だめだよそんなに高くまで行っては」魔女ばあちゃんの声が聞こえました

わたしはなんだかそのまま月に向かっていきたい気持ちでいっぱいにんりましたが「パキッ」というほうきの音にびっくりして家のほうに向きをかえもどりました

魔女ばあちゃんが心配そうな顔で迎えてくれました

「魔女ばあちゃんとても楽しいよ ありがとう」

「そうかいよかったね 上手に飛んでいたよ 高さだけは気を付けるんだよ」

魔法も少し教えてくれたんだけどわたしは覚えが悪いので魔女ばあちゃんは簡単なものにしてくれました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です