謎の黒色さん

魔法のほうきは知っているでしょう?(うんうん・・ふたりは頷きました)
あれは魔法の木からつくったんですよ(えっ?魔女ばあちゃんのほうきも?)
そうですよ・・・でも最初はほうきとは呼ばれてなかったのです
月にはほうきはありませんからね
むか~~しむかし大昔のことでした
まだバリアもなかった大昔・・・
白色族は表側で地球を見ていました 黄色さんは命の森の木陰から地球を見ていました
わたしたちは地球を見るのが大好きですからね

遠くに灰色さんたちが魔法のほうきにのって飛んでいたんですよ そのころは空飛ぶ棒とか魔法の棒とか呼ばれていましたね
いつもなら5人くらいで飛んでいるのにその時は灰色さんが全員でした
輪になったり直線になったり蛇行して飛んだりとそれは不思議な光景でした
今までそんなことはしたことはありませんからね
魔法の棒にはたくさんの薬草がしばりつけられていてそれを時々食べながら長い間飛んでいました
薬草が無くなるとみんな森に帰って行きました
しばらくすると今度は十人が飛んできたのです 前よりもたくさんの薬草をしばりつけて・・・
そして灰色さんと呼ばれる灰色の服がなんと黒い服になっていたのです
十人の黒色さんです
そして前と同じように薬草を食べながらいつまでもいつまでも飛んでいました

もう地球を見るよりも黒色さんたちを見るほうがおおくなってしまいましたね

やがて十人は三角の形になり飛び始めました 時々場所の入れ替えをしてまるで飛び方が上手な人を選んでいるように見えました
それぞれの位置が決まると薬草が無くなってもいつまでもとんでいました
見ているほうは疲れてしまったそうです

黒色さんたちは森の帰って行きそれから長いあいだ誰も姿を見せなくなりみんなはまた地球を見つめる生活にもどりました

どのくらい時が流れたのでしょうか・・・突然また灰色さんたちが全員でとんできたのです
十人の黒色さんもいました それはたくさんの薬草をしばりつけて・・・灰色さんたちは薬草は少しだけでしたね
なにかみんなではなしているようですが灰色さんたちの心の声ではいくら敏感な長耳でも聞くことはできませんね
白色も黄色もそんなに注意してみてはいなかったのですが・・・
突然黒色さんたちが三角の編隊を組みぐるぐる回っていたかと思うと・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です