魔女はワクワク

昼食を食べ終わるとうさ太はお買い物袋から青い長靴を取り出し「そうそう長靴にゆう太の名前を書かなくてわね」と指でスーッとなぞりました

「ヘェ~それがゆう太の名前なのかい?」魔女は不思議そうに見ました「そうだよ・・・きにろさんは文字をしらないの?」

そう言われて「誰も教えてくれないしね・・・」と魔女はちょっと寂しそうにこたえました

「それならおらが教えてあげるね」うさ太はそういうと魔女の右手をとり自分の右手をあわせました

しばらくすると「あれ?なんだろう・・・なにかからだの中にはいってきたよ」魔女はもぞもぞしました「それが文字だよ・・・おらもかあちゃんからこうやって教えてもらったよ」

そして名前の書いた青い長靴を玄関にあるうさ太の白い長靴のそばに並べておきました「きにろさんも自分の名前をかいたらいいよね おらの名前じゃおかしいものね」

魔女は黄色い長靴を手にとり「これはうさ太の名前がかいてあるんだね・・・わたしには読めないよ」「そんなときは右手でなぞるといいよ」魔女は文字の上に手をおいてみました

「オウオウなるほどこれはうさ太って書いてあるねぇ」

「左手でそっとこすってみて」うさ太に言われ魔女は文字をこすってみました「おや?消えちゃった」「そうしたら右手できにろって考えながらなぞってみて」

魔女はそうしましたがなにもかけませんでした「もっとしっかり・・・心のことばだよ」

「なるほど」魔女は心の言葉で「きにろ」と言いました

「わ~~っこれがきにろか~~」魔女は書かれた文字を見つめました「今度はなにも思わずなぞって」うさ太に言われそっと文字をなぞると・・・魔女にも読めました「きにろ」

「ねっ簡単でしょ?これからはそうすれば文字を読んだり書いて利できるよ・・・でも左手は使わないでね 文字が消えちゃうからね」

魔女は文字をおぼえたので心がワクワクしました

ただこれは・・・・

外で見かける文字とは違っています

「これはこの星の文字ではないよね・・・町で使っている文字は読めないね」魔女は残念そうに言いました

「心配ないよ・・・なぞれるものはなぞればわかるしできないときは文字を心で見つめるんだよ そうすればわかるから」

「心で見つめるか・・・」魔女はうなづきました

そして長靴のはいっていた袋の文字を見つめました

「シューズストア」そして右手でなぞると「シューズストア」なるほどというように頭をふり魔女は少しうれしそうでした

せっかく外を歩けるようになってもなにも買い物ができないうえになんだかわけのわからないことばかりだったからです

「きにろさんは同じ仲間なのにどうして文字を読めなかったのかなぁ」うさ太は不思議そうに言いました

「なにしろ頭を打ったらしく自分のことなのに思い出せないことがあるんだよ」魔女は頭の後ろの傷跡を見せました

うさ太は「なるほど・・・」と言い傷跡をそっとさすりました

「おやおや」魔女は傷跡が消えていくのを感じました

そして今更ながらうさ太が大きくなったと思いました

魔女とそんなに変わらなくなっていたのです

「うさ太は傷の治し方も知ってるんだね」「うんかあちゃんがそうしておらの傷をなおしていたから同じようにしてみたんだよ」「わたしより魔法が使えるね」

これではどちらが魔女だかわかりませんね~~~

そこで魔女はうさ太の力を借りることを思いつきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です