魔女のその後

運転手は魔女の横にすわり話始めようとしながら帽子をぬぎました

ありゃ~~丸めてあった白い長い耳が飛び出しました

「ワワワ~~~」魔女はびっくりして椅子ごとひっくりかえりました

「魔女さん魔女さん大丈夫ですか」運転手は魔女のびっくりぶりにびっくり・・・まさか耳くらいでこんなになるなんて・・・とあわてました

魔女はひっくりかえったままです

「あれれ・・・」運転手は気絶した魔女をベッドに運び「魔女さんしっかいしてくださいよ・・こんなことで驚くなんて魔女らしくないですよ」

「ウ~~~ンウ~~~ン」どうやら死んではいないようですね~~

なかなか目を覚まさないので運転手は「やれやれこれじゃ今日は話ができないな~~もうすっかり日がのぼってしまったよ わたしも昼間の仕事があるしね・・・魔女さんまた今度にしましょうね」

運転手は帰ってしまいました

しばらくして・・・魔女は気が付きましたがしばらく何が起きたかわからなくてぼんやりしていました「オウオウ・・・長靴長靴・・・」魔女は自分の足にしっかり黄色い長靴があるのを見てホッとしました 肝心な運転手のことえお思い出したのはだいぶ時間がたってからでした(アンポンですね~)

「いや~~びっくりしたね なさか運転手が長耳族だなんて わたしとうさ太親子だけかと思っていたよ そういえばなにか話してくれるようなことを言っていたけど・・・長耳のことだったのかな?」

そんなことよりこの長靴のおかげで昼間も外に出られるということのほうが気になりました

外はもう日が当たっています

魔女には苦手なおひさまが待っています それでも大丈夫なんだろうか 魔女は不安でたまりませんでした

そっとドアをあけてみました 一歩足を出してみました 体を全部外にだしました

まぶしくもないし体も日ざしでピリピリしませんでした ポツリポツリ歩いてみました

明るくてなにもかも輝いているようで魔女は楽しくてたまりません

人がやってきます・・・魔女はビクリとなって固まってしまいました

でもなにごともないように通り過ぎていきました

「ああ・・・怖かった・・・ドウナルカト思ったよどうやら本当に魔法の長靴なんだ」

それからの魔女は夜のお仕事はそこそこに昼間歩き回ることに夢中でした

運転手が来る頃はグウグウ寝ている始末

これじゃ運転手の話がきけないじゃないか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です